乞龜祈福觀光文化節

中文 | English | Japanese

民國104年2月27日(農曆1月9日) -3月7日(農曆1月17日)台灣民俗中「龜」為長壽的表徵。在道教祭典和生命禮俗中,經常以龜的圖騰或祭品表示延年益壽之意。 『乞龜』為感念天地孕育萬物和增添福壽的春祭儀式,為台灣最普遍的民俗祭典。
高雄意誠堂關帝廟之乞龜活動源自於1958年。當年社會經濟生活清苦,意誠堂聖帝祖為悲憫眾生,因而策劃了以鳳片龜、米糕龜、花生龜作為乞求平安與吉祥的乞龜活動。為照顧更多善信大德,1987年眾堂生突破傳統以白米、飲料、餅乾等重新包裝,打造史無前例9999斤大龜王,並恭請聖帝祖賜名為九九靈龜王,因而吸引了各大媒體相爭報導。
      2009年孟冬聖帝祖有鑑於景氣不好,聖諭將九九靈龜更名為祈福吉祥平安大龜王。大龜王之重量為18公噸,由3600包之5公斤裝白米堆砌而成,在元宵活動結束後,發放給低收入戶和邊緣戶等需要的人,以期平安大龜王為台灣帶來均富的國度。

---------------------------------------------------------<top>

Culture Festival of Fortune-
Begging Turtle

in praying for blessing and peace tour
Feb. 27th , 2015 ( lunar calendar Jan. 9th ) -
Mar. 7th ( lunar calendar Jan. 17th )

 “ Turtle ” is the symbol of longevity in Taiwanese custom. The turtle’s patterns and designs often appear on the sacrifices in Taoism ceremony and life etiquette to express the meaning of lengthening people’s lives. “ Fortune - Begging Turtle ”  is a spring religious ceremony in showing people’s appreciations for obtaining well nourished and happiness and longevity from heaven, which is the most popular custom ceremony in Taiwan.

Kaohsiung Yi- Cheng Tang’s ( shrine dedicated to General Guan - Yu ) fortune - begging turtle activity began in 1958. The society’s economic life was poor at that time.  Yi- Cheng Tang, in the name of General Guan - Yu, had sympathy for all living creatures and thus arranged “ Fortune - Begging Turtle ” activity to beg peace and auspiciousness by offering fong-pen turtle, rice-cake turtle and peanut turtle as sacrifices. In order to take good care of more people, in 1987 the members of Yi- Cheng Tang broke the tradition, they packed anew rice, beverage and cookies together to build up an unprecedented King Turtle weighed 9,999 catties and given a name by General Guan - Yu as “ Ninety - Nine Spirit Turtle King ” . This event attracted the various media to report a lot.

The first month of the winter season in 2009, in case of the bad economic situation, General Guan - Yu declared to change the name of “ Ninety - Nine Spirit Turtle King ”  into  “ Blessing Auspiciousness Peace Turtle King ”.  This Turtle King weighed 18 metric tons, which was piled up by 3600 bags white rice ( with 5 kilos in each bag ) .  And after the Lantern Festival activity, all of the rice were delivered to low income people and whomever needed, expectingTaiwan to be an equally wealthy country.



--------------------------------------------------------<top>


Qigui福祈り観光文化祭

2014年2月27日(太陰暦1月9日)-3月7日(太陰暦1月17)

台湾の民俗では、「亀」は長寿を表すものである。道教や生命の儀式では、 しばしば亀のトーテムや菓子の奉納が長寿を祈願して行われる。Qiguiという春 の祭祀は、すべての物事への感謝を表す、台湾で最も人気のある民俗祭りである。
     高雄意誠堂関帝聖廟によるQigui活動は1958年から始められていた。 当時は、意誠堂が貧困社会の実情に鑑み、経済的援助を行うため、もち米や ピーナッツによって作られた、亀を吉祥の象徴として、祭祀に使われるようになり、Qigui活動が行われるようになった。さらに、より多くの参拝者に祝福を贈るため に、1987年に従来の方式を変え、生の米、食料品などを用い、それまでにない9999ポンドの巨大な亀が造られた。そして、関帝聖祖神様より巨大な亀を、 「九九霊亀王」と名づけられた。このことは、社会的な注目を浴び、各メディアに 大きく報道された。
   2009年に孟冬聖祖神様は、景気の悪さを考慮して、「九九霊亀王」を「祈福 吉祥平安大亀王」という名に新しく変更された。大亀王の体重は18トンであって、 5キロの生米を1パッケージとし、計3,600パッケージを使って構築されたもので ある。毎年、ランタンフェスティバルに行うイベントの後で、それらの生米を低所得 世帯や疎外された世帯など、必要としている人々に配布される。こうした活動は平安大亀王が豊かな王国を台湾にもたらすように、ということを示しているのである。

-------------------------------------------------------- <top>